Researcher

加藤種男

加藤種男

Kato Taneo

クリエイティブ・ディレクター、静岡県文化プログラムCOD(Chief Operating Director)。アートプロジェクトの企画提案、特に、全国各地の地域創造、創造都市を結びつける多数のプロジェクトや制度を立案し、そのネットワーク形成に取り組む。アサヒビールで企業メセナを担当し、あわせて文化芸術創造都市・横浜の旗振り役を務めた。京都造形芸術大学客員教授、東京都歴史文化財団エグゼクティブアドバイザーなどを歴任。現職は、おおさか創造千島財団理事など。著書『芸術文化の投資効果』など。芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
More detail

写真撮影:吉原悠博

太下義之

太下義之

Yoshiyuki Oshita

博士(芸術学)。文化政策研究者、同志社大学教授、国際日本文化研究センター客員教授、公益財団法人静岡県舞台芸術センター評議員。文化経済学会〈日本〉理事、文化政策学会理事、デジタルアーカイブ学会評議員。東京都芸術文化評議会委員、2025年大阪万博アカデミック・アンバサダー、オリンピック・パラリンピック文化プログラム静岡県推進委員会副委員長、アーツカウンシル新潟アドバイザー、鶴岡市食文化創造都市アドバイザー。
More detail